決起大会報告

過日、いとう昌宏が選挙対策本部長を務める、東京都議会議員田中たけし総決起大会が

品川区、きゅりあんで開催されました。

会には、小池百合子元、防衛、環境大臣、片山さつき政務官、浜野健品川区長、区内各種団体等

総勢600名を超える参加者で、盛会に行われました。

その中でいとう昌宏は、「アベノミクス」前進のため、都議選、参議院選の自民党躍進の必要性を訴え

皆様のご理解を頂きました。

お忙しい中、参加された皆様、本当にありがとうございました。

5-3

0531-1

0531-2

弟3回、いとう昌宏区政報告会、報告

皆様、いかがお過ごしでしょうか?過日、いとう昌宏を応援して頂いております

有志の皆様が「第三回区政報告会」を、開催して頂きました。

参加された方から、当日の報告を頂きましたので、そのままアップします。

いとう昌宏区政報告会報告

自民党の安倍政権が昨年12月に発足、沈滞していた、政治ムードは一変し、明日の活力ある日本に向けて

一条の光が徐々に強くなる一方で、民主党政権は一体何をしていたのかと戻らぬ時間を

惜しむ方も多いのではないかと思います。

伊藤議員の第6期目となる議員生活も早折り返し地点を、過ぎました。昨年5月からは議会選出監査委員

文教委員会委員に就任し、自民党品川区議団にあっては筆頭副幹事長の要職を担っています。

努力を怠ることなく、日々活躍の場を広げ、高めている伊藤議員の姿には改めて感心させられております。

5月19日(日)「第3回いとう昌宏議員区政報告会」を開催いたしました。今回の区政報告会では

区政の基本に立ち戻り、「品川区議会議員の役割」について、分かりやすく参加者らに説明をしました。

話の端々に22年間の議員生活で、伊藤議員が品川区や区民のために実現した政策や実績を

数多く伺うことができました。

実績を交え、議会について簡潔に説明 

区政報告で伊藤議員は、「品川区議会議員の役割」と題した、レジメを用いて、議会について

簡潔に分かりやすく説明しました。 

まず初めに、議員の5つの役割として、議決権、議案提案権、調査権、発言権、同意権を挙げ

具定例を交えて説明しました。 

続いて、品川区議会の組織に触れ、総務、区民、厚生、建設、文教、の5つの常任委員会があり

その他に議会運営委員会や、行財政改革特別委員会、震災対策特別委員会

予算特別委員会、決算特別委員会などの特別委員会が設けられ、各委員会でどのようなことが

審議されているか説明がありました。そして、議長、委員長といった役割の他

議会選出会計監査、評議委員、付属機関等の委員といった、役職があることについても説明がありました。 

議会についての説明をしたのち、伊藤議員が議会で取り上げ

実現した政策の幾つかについて話されました。

最近の事例として、「日の丸掲揚」を品川区議会で行うようになったこと、「我が家の防災ハンドブック」

20万冊を全戸配布させたこと、海抜表示板を品川区全域に立てて津波被害への対策をした

避難ルートを学校、町内会、警察署、など地域ぐるみで、取組むようにした

日韓議員連盟の会長となり、近い国だけに摩擦を起こしやすい日韓両国の親善を

品川地域でも推進していること

また、品川区公立中学校であった自殺を取り上げ、今年度の予算に「いじめ根絶会議設置」を入れたこと

などを説明されました。

質疑では積極的提言も、区政報告に続き、質疑が行われ

「伊藤議員が6期の区議生活で印象に残る取組みは?」「品川区の教育委員会が情報隠ぺいをするような

ことはなかったか?」「子宮剄癌ワクチンに対する品川区の取組みは?」といった質問に対し

伊藤議員が詳細に説明するとともに、参加者から、「子宮剄癌ワクチンの副作用については

もっと大きな字でその危険性があることを記し保護者に知ってもらった上で

ワクチン投与の判断をすることが必要ではないか」といった積極的提案も出され、短い時間でしたが

伊藤議員も参加者ともに品川区をよくするため、真剣に考える機会となりました。 

その後、伊藤昌宏議員の応援歌である「まさひろ節」を一堂で歌い、清水理事の発声で万歳を三唱し

閉会いたしました。 

閉会後も、個別に伊藤議員に相談する参加者もいて、伊藤議員に対する品川区民の期待の大きさを

印象づけていました。 

大井水神社「春祭り」開催

5月26日、日曜日、私が役員をしています、大井水神町会内にある

「水神社」春祭りが執り行われました。

天疎諏訪神社、大野宮司にお越し頂き「祝詞」奏上、その後、懇親会となりました。

春祭り参加者は「神社」に頭を下げ、神社の発展、町内の安寧を一同に祈念しました。

こういった日本人の伝統、先祖を敬い、神社、仏閣に頭を下げる、この伝統精神は

どんなに時代が変わっても、に決して忘れてはいけないものと痛感しました。

水神社の前に決意を新たにし、品川区、町会のために頑張ります。

今後ともよろしくお願いいたします。

0528-1

0528-2

0528-3

4月活動報告

今年も早4ヶ月が終了しました、早いものです。

4月の活動報告を致します。

1日~2日
  義父の葬儀

3日 大井第一地区委員会会議

5日 執行部会、区議団総会

6日 小学校入学式、歴史探訪

7日 黒潮会会合、 町会打ち合わせ

8日 中学校入学式

9日 幼稚園入園式、都議会議員会合

10日 地域挨拶周り

11日 自衛隊父兄会総会、都議選挙対策会議

12日~14日
  義父の四十九日

15日 議会運営委員会、区議団総会、前地域センター長を送る会

16日 文教委員会

17日 議会あり方検討会、都議会議員会議、前総務部長を送る会

20日~21日
  母の郡山会合出席に付き添い

23日~24日
区議団会議

25日 社会保険労務士会臨海統括支部総会

26日 議会運営委員会、区議団総会、大井消防団副団長叙勲の祝い
  都議会議員選挙打ち合わせ

27日 都議会議員事務所開き

30日 地域会合

0502-1

0502-2

0502-3

予算特別委員会で、仮称「品川区災害対策基本条例 」制定を提案しました

未曾有の被害となった東日本大震災から2年、1日も早い復興を心から願っております。

さて、昨年、東京都が東京湾北部地震等、首都直下地震の被害想定を公表しました。

それによれば、品川区内でも、震度7に達する地域があり

また、火災危険度が、東京都下、約2万町目の中でも、上位に位置づけられた地域もあります。

それを踏まえ、議会、品川区は様々な防災施策を、展開し、35万区民の安全を支えています。

私は、本年度の予算委員会で、自民党を代表し総括質疑を行い、品川区防災対策の集大成として仮称、品川区災害対策基本条例の制定を提案、浜野健区長から、前向きな回答を頂きました。

これが実現すれば、品川区民36万人の生命、財産を守り抜く、区、区内企業、区民の連携がより深まり、区の防災対策に大きな力となります。

災害から尊い命を守り抜くため、前進して参ります。

鈴ヶ森小学校入学式に参加しました

品川区では今日、区立小学校入学式が行われました、私は近くの小学校に20年近く議員として参加しています。

いつも驚くのは「子供」の成長の速さと、勉学等の吸収のスピードです。

つい先日まで、幼稚園や保育園で「園児」として、生活していた子供が、「小学生」となり、一定時間いすに座り熱心に話しを聞く姿勢、そして、その1年後、つまり2年生は今日も発表がありましたが、歌、踊り、あいさつ、演技、縄跳び、楽器演奏集団での呼びかけ等、約30分の演技をすべてを暗記し、発表する2年生、教師の指導ももちろんありました。

「本番」の演技を間違いなく行った「2年生」の、「伸びしろ」と、1年で大きく変わる教育の「効果」に圧倒されました。

改めて品川区議会議員として、「教育行政」にかかる責務を痛感しました。

残念なことは、同小学校入り口で、他党の「品川区会議員」が「国歌斉唱強制反対、日の丸掲揚反対」のビラを、保護者に手渡した上、「来賓」として入学式に参加し入学式の最中「国歌」を歌わない、その姿勢は「来賓」の位置づけからして、残念でなりません。

私は堂々と「国歌」を斉唱しました。

3月活動報告

新年度となり、新しい職場、学校、役職等での

新たなスタートとなった皆様、おめでとうございます、ご活躍を祈念します。

3月の活動報告を致します。

1日 監査委員会、ブロック幹事長会

2日~4日
 義父の葬儀、告別式

5日 予算委員会、佼成会設立75周年

6日 IOCオリンピック委員出迎え

7日 平成25年度品川区予算委員会
   保護司会正副会長会
   水神町会会合

8日 平成25年度品川区予算委員会
   黎明の会

10日 大井町駅街頭

11日 平成25年度品川区予算委員会

12日 平成25年度品川区予算委員会

13日 平成25年度品川区予算委員会

14日 監査委員会、東京議員保護司会

15日 浜川幼稚園卒園式、監査委員会
   自衛隊五反田募集案内所送別会

16日 大井水神町会ホームページ会議
大井水神町会役員会

17日 大井水神町会町内清掃
   水神公園、花見ちょうちん付け

18日 平成25年度品川区予算委員会
   品川区議会自民党を代表し、総括質疑
   終了後、品川区退職理事者を送る会

19日 中学校卒業式、監査委員会

20日 鈴ヶ森コンサート、品川子供未来フェスタ

21日 平成24年度前期監査結果、区長報告
   監査委員事務局長送別会
   品川区議会秘書会

22日 小学校卒業式
   品川区議会カメラビデオクラブ撮影会

23日 大間窪小学校、杜松小学校、各閉校式

24日 鈴ヶ森町会バスハイク見送り
   スクエア荏原開設式

25日 議会運営委員会、議会あり方検討会
   地域会合

26日 監査委員会、品川区議会自民党総会
   議会運営委員会、本会議、街頭演説
   都議会選挙対策会議

27日~28日
   品川区議会自民党視察

30日 民団品川支部会合
   (品川区議会日韓議員連盟会長として参加)

0322

0403-1

0403-2

平成25年度品川区予算審議、予算特別委員会報告

一般、特別、各会計の総額1900億を超える品川区予算が

予算特別委員会で可決されました。

いとう昌宏は、義父の葬儀のため欠席した1日を除き連日質問に立ち、大森駅違法駐輪問題、補助金の使用防災対策 高齢者福祉、観光政策、津波避難マップいじめ対策等を指摘、質問しました。

いとう昌宏が議会質問等で指摘提案し、平成25年度予算で具体化した品川区施策

①「品川区いじめ根絶対策会議」

②「我が家の防災ハンドブック区内20万戸全戸配布」

③ 「平成25年度修正、品川区防災計画」

④「津波避難マップ、津波避難ビル指定」

また、自民党を代表し総括質疑を行い

仮称、品川区災害対策基本条例」制定を提案

浜野健区長から、制定に向け努力すると答弁を頂きました。

私は、「議会発言」こそ、議員の責務であると考えます。

議会発言がほとんど無く、街頭活動等に特化した活動をし得票を重ねた、一部議員がいます。

議員の実績は、時下、区民の抱える諸課題を解決する為の「政策の具体化」「条例の制定」であり、街頭活動ではありません。

私は今後も「議会実績」にこだわり、議員としての職責を全うしていきたいと考えています。

下記写真は

いとう昌宏の議会提案により、品川区内約20万世帯に

全戸配布された、我が家の防災ハンドブック」です。

ぜひ、各ご家庭 職場、学校等で十二分にご活用頂き

被害を少しでも少なくする為に、ご活用下さい。

0322

大井町で街頭演説を行いました

いとう昌宏は本日、強風の中、大井町駅にて、定例の区政報告を行いました、その写真をアップします。

当初、イトーヨーカドー前交差点で行っていましたがあまりの強風のため、建物側で行いました。

街頭から、平成25年度品川区予算概要、いじめ根絶会議等、報告しました。

その写真をアップします。

0310-1

0310-2

義父の葬儀、告別式に参加しました

2月28日、義父が逝去し、3月2日から4日まで長野県松本市で、営まれた「葬儀」「告別式」に参列しました。

悲しみの中でしたが、親戚、兄弟の仲は深く人情味にあふれ、暖かな葬儀、告別式でした。

その原動力となったものは、過日、ここでも紹介しましたが、義父を深く愛し、長く介護をしていた義兄の愛情でした。

また、つい先日、北海道での記録的な大雪で立往生した車から、父と娘が避難し父が娘を命がけで守ってた記事に接し、「親子」の絆、愛情の深さは何者にも変えがたいものと痛感しております。

私にも同居している母がいます、自分を振り返り、多くの皆様に感謝し、前進して参ります。