絆(きずな)の大切さ


皆様、いかがお過ごしでしようか?
過日、有志のメンバーと、台東区で開催された手品ショ-観劇
その後、数百年続く「どぜう」店に行き、駒形「どじょう」を楽しみました。
その店には立派な神棚がありました。
そして「お盆」、私は福島県郡山市出身なので、親戚の挨拶回り
お墓参りは、19歳で上京以来、欠かしたことがありません。
今の「私」が存在する為には、父、母、そして祖父、祖母と遡れば
数万人、数十万人と数えきれない「先祖」がいたから、今の私が
生存していると考えます。
そういった観点から、お盆は先祖に対する感謝を表す大切な日と
思います。
翻って、リオ、オリンピック、日本人選手の大躍進、素晴らしいものです。
(銅メダルを取って)「満足しない、金がほしかった」「やはり1番がいい」
「誰よりも練習した」等、以前、ある政治家が「2番じゃいけないんですか」と
言い、物議を醸したことが思い出されます。
そして日本人選手の「日の丸プライド」と堂々と「君が代」を歌う姿から
日本、日本人としての絆を痛感します。
そういった意識が、「君が代」を国歌に制定した移行、大きく変換したと考えます。
今後も目を離せないリオ、オリンピック、日本人としての絆を保ち
日本人選手の大活躍を応援したいと思います。

20160806_110758

20160811_194446

 

20160811_194451